« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005/10/23

浅間山、初冠雪!@佐久市

昨夜、雷と一時的な激しい雨。屋根を打つ音はあられではないかと思うくらいでした。
そして今日の浅間山。うっすらと雪がかかり、秋空とのコントラストは見事なものでした。
img122
例年より少し遅めの初冠雪でした。

たった今、GOODなタイミングで届いた写真。
あさま日和の『今日の風景』でおなじみの、拓郎大好きおじさん。
いつもありがとうございます!
5a23_hatsukan
◆コメント◆
朝、起きた時「寒い・・・」と感じた。新聞を取りに外に出ると浅間山に真っ白の雪が!
初冠雪にしては、かなり下の方まで積もった。
まだ稲刈りも済んでない田んぼもあるが、信州も一歩一歩『冬』が近付いている。

最初の写真は、だいたい昼1時くらいだったと思います。拓郎大好きおじさんが撮った写真は、朝一番!
こんなに降ってたなんて・・・ビックリ!
ところでこの写真、高速道路も写ってる?どこから撮影されたのでしょうか?かなり高いところのようですね。

| | コメント (9) | トラックバック (2)

2005/10/20

温泉コール!?

週1のパパのお休みの日。
午後3時過ぎに園にお迎えに行って、「どこ行こっか?」
子供たちは、必ず「おっきぃポチャ~!」
            ↑お風呂=温泉のことです(^^;)
お気に入りは、穂の香の湯、あぐりの湯、やすらぎの湯、
そして今日は “布施コール”が・・・
『ふ~せっ、ふ~せっ!』

望月の布施温泉へ。
(温泉特集には大人350円となっていますが、現在400円になっていました。子供は4歳から250円と変わりません)
お湯も気に入っていますし、なによりここの肉うどん(500円)が美味しいんです♪呼び出しを聞いていると、肉うどんかラーメンがダントツでした。
ビンのコーヒー牛乳と、イチゴ牛乳も欠かせません(^^)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005/10/17

子供の「サイン」に気付いていますか?

10月14日 佐久長聖中学校をお借りして開催された文教講演会。今年は小諸市子育て支援センターの木次幸子先生が「子供のサインに気付いていますか?~乳幼児期からの子供への接し方と親のあり方~」と題して、約2時間お話してくださいました。
録音したわけではないので、私が印象に残ったことをレポートしたいと思います。少しでも読んでくださっている皆さんの参考にでもなれば幸いです。

最近の子育ての環境は、昔と大きく変わってきています。
核家族化により母親ひとりでの子育てとなり、母子密着型子育ての密室化になりがちなのが現状です。それにより母親への負担は大きく、社会から疎外されたような焦りや苛立ち、更には吐きだす場所もないストレスを抱え込み 「子育てなんか損!」と、せっかくの幸福を感じられないことも多くみられます。
また、子育てを重視できず独身生活と同じような「自己中心の生活」、「親性の崩壊」も起こってきています。それはとても悲しいこと・・・
「完璧な親はいません!頑張れるところまで頑張って」 私(木次先生)は、そう言います。あとは社会に任せればいいのです。

子供の環境も大きく変化し、「子供から“3間”がなくなっている」といわれます。
「空」「仲」「時
子供たちだけで外で遊ばせるのも難しい世の中、とても育てにくい環境にあります。登校拒否やいじめなど、子供を取り巻く多くの問題もあります。
ここで、今一度子育ての意義の見直しをしてみましょう。
“優しく、個性豊かに” 人格というものは「三つ子の魂、百まで」と言われますが、幼児期に形成されます。「愛しむこと」を忘れず、上手く息を抜きながら子育てしましょう。“息抜き”は“手抜き”ではありませんよ。大切に、穏やかに、安定した気持ちで子供に接しましょう。子供と一緒に育つ・・・親学です。

(しつけ)とは、漢字を見れば「身を美しく」と書きます。基本的生活習慣は、生きていく上で大切な習慣です。味覚・睡眠・排泄・着衣・清潔
「味覚」は4歳までに育ちます。辛・苦・酸・渋・・・などできるだけ多くの味を経験させ、バランスの取れた食事を心がけましょう(1日30品目と言われます)。特に朝食は大切!起きて30分は胃が働きません。早めに起こして、しっかり朝食を食べさせないと、園に行ってから活動ができません。
「睡眠」は、早寝・早起き。親の勤務体制などで、夜型の子供も増えています。「だって寝ないんだもん」・・・子供は起こしていればいつまでも起きています。9時10時まで親がテレビをみているのではなく、見たい番組はビデオにとっておいて15分でいいですから一緒に床に入りましょう。絵本を読み(もういっかい、と言われれば2、3回までは読んであげてください)、電気を消して子守唄を歌ってあげれば自然に寝ます。夜9時に寝て、朝7時に起きるのが理想ですね。
「着衣」「排泄」は、やりたい時にやらせてあげましょう。その時期を見落とさないように。

きっちりした「けじめ」も教える必要があります。
①やってはいけないことを、きちんと叱る。子供のやりたい放題は、愛情ではありません。
良いこと、悪いことを覚えさせる。
③何が悪いのか、しっかり教える。
人を傷つけること、自分を傷つけること、物を壊すことは絶対にいけません!投げていいのは、ボールだけです。
媚(こ)びることは、絶対に教えてはダメ!後で大変なことになります。
家族(夫婦)同じ姿勢、同じ気持ちで接しましょう。母親に聞くと「いいよ」、父親に聞くと「いけない」では子供は分かりません。
⑦子供を叱るときは、本気で毅然とした態度で叱る。子供が“叱られた”という感じがないと意味がありません。しかし、長く叱ってもダメ。子供の集中力はいいとこ1分から1分半です(笑)
また、子供にもプライドがあります。人前で叱らず、誰もいないところで叱りましょう。

子供は遊びの中で、多くのことを学びます。子供同士の関わりから育つものは大きいのです。
一人遊び→集団遊びになり、優しさや思いやり、意欲、満足感などを学びます。おもちゃの取り合いで親同士が謝っている風景を良く目にしますが、「どっちが勝つかしら?」と見ていていいのです。負けたほうは悔しい気持ちを覚え、勝ったほうは満足感を覚えるでしょう。人が嫌がることをしない、我慢することも遊びの中から育まれていきます。

親が子供に接するとき、決して長い時間でなくてもいいんです。30分!子供と真剣に遊んであげてください。一緒に遊んでいるだけで子供は満足します。一緒にお風呂に入ることも良いですね。
忙しいから・・・ついつい「早く!」 子供が話してきても「なんだ、そんなこと」
子供は心が満たされず、寂しい思いをします。褒める、喜ぶ、少し大げさに、密度の濃い関わり合いを心がけてください。褒めることは大事なこと。安定した快よい生活を送ることができ、感性豊かな子になれます、また自分をコントロールできる自制心も芽生えてきます。

親だって完璧ではありません。失敗は素直に謝りましょう。
「お母さん、ちょっと怒りすぎたね。ごめんね。」
私(木次先生)も、息子が夏休みの宿題が終わったと言って友達と遊びに行った時、プリントを見てみると空欄があったので、帰ってきてから外でバケツの水を3杯、頭からかけて叱ったんです。あとで「怒り過ぎたな・・・」と思って謝ったら、息子は『うん、分かってるよ。・・・でもね、あそこは○○先生が習っていないところだからやらなくていい、って言ったんだよ。』 ・・・なんて母親でしょう!(苦)

子供のサイン、必ず「こっち向いてよー!」という心の叫びは兆候として出ます。
すねる、泣く、言葉が荒くなる、イライラしている、爪を噛む、夜中泣いて起きる・・・お腹が痛くなれば重症です。
そんな時は、まずは安心させてあげてください。向かい合うだけで、子供と心が通じます。
子育ては、一人ではできません。家庭、家族が基盤です。

講演:小諸子育て支援センター 木次幸子氏

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005/10/16

リコボー(ヌメリイグチ)

rikobo
前回に続く、“超短い記事”第2弾!
佐久に来て、はじめてこの名前を聞いた「リコボー」
私の周りに人は「リコボー」と言うけど、正式にはイグチ科 ヌメリイグチ属の「ヌメリイグチ」だそう。長野や山梨ではジゴボウと呼ばれ、山梨の一部ではアミジゴボウと呼ばれる・・・らしい。アカマツ、クロマツなどのマツ類の木の下に発生する。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2005/10/15

kuri
秋の味覚、「栗」 頂きました~♪
食べるの大好きなんだけど、栗を使った料理知らなくて…
栗ご飯はあまり人気ないので、とりあえずボイルしてみました。
今回は子供のおやつでなくなってしまいましたが、なにかもっと違う食べ方ないのかな。

あまりに短い記事でした(^^;)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005/10/14

諏訪湖畔公園

久しぶりの秋晴れ♪浅間山もやっと顔を出しました。
天気が悪い=ブログ更新の気力が出ない・・・らしく、右のカレンダーを見ると最近の天気の悪さが分かります(笑)
と、お天気のせいにしてっと(^^;)
定休日でも自営は時として働かねばなりません。夫の仕事ついでに、白樺湖を通って諏訪まで行ってきました。shirakabako
shirakabako
遊歩道もありました。湖畔をゆっくり歩くのも良いですね。秋の澄んだ空と、少し紅葉し始めた風景を眺めながら、時間のない私たちは諏訪へ急ぎます(^^;)
昔なかったぞ~、というような新しい道。迷わないよう慎重にナビを見ながら走ります。すぐに湖畔が見えてきました。
kohan
お天気いいと、やっぱり絵になるわぁ~と感激‐☆ 用事を済ませ、せっかくだから足湯でも入ってく?
ヨットハーバーを通り過ぎると・・・
わぁ!かりんがいっぱい袋にかけられてます~!最初、何だか分からなくって、「梨じゃないよね?洋梨? 袋剥いだら怒られる?」 なんて言って通り過ぎました。後から地図見たら【かりん通り】と書いてありました。
ハクチョウの遊覧船乗り場や遊歩道、美術館がある辺りに・・・ありました!【足湯】
皆さん、ズボンまくって入ってます。さぁ~て、私もひとっ風呂浴びてくるか(笑) ※タオル持参してね
ashiyu
ashiyu
温度は、湧き出ているほう(写真左)がちょっと熱め。
gensen
ん?なになに・・・【足湯の楽しみ方】
・足だけの入浴により、無理なく身体を芯から温めます。
・かかとから15cmほどを約15~20分ほど温泉に入れてください。
・景色を眺め、おしゃべりしながら楽しんでください。疲れた神経や内臓を自然と癒してくれます。
ashiyu
気持ちいー!足だけで充分身体が温められます。
景色も充分に楽しんで・・・
yuhodo
kohan
kohan
kohan
足って意外に疲れているんですね。たった15分でしたが、リフレッシュ効果抜群!
ちょっとした滑り台もありました。
suberidai
間欠泉センター
kankessen
館内にはクワハウス的な温泉プール、ちびっ子プールジェットプール、諏訪湖が一望できる露天風呂(水着着用)などがあるそうです。中には入りませんでしたが、50mもの高さまで吹き上がる日本一の間欠泉を見に行きました。
kankessen
当然無計画なので、吹き上がる様は見られませんでした(笑)
紅葉の季節、自然満喫!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/10/10

筑前煮(がめ煮)

どうしても肉野菜の炒め物やハンバーグなど、
主人&子供の好みに合わせて作ってしまう夕食。
でも、チェルシーさんのブログ
他の手作りテーマのブログに影響され、
たまには煮物でも作ってみようかと…♪

gameni
ご存知でしょうか?九州の【筑前煮】
福岡の実家近辺では 【がめ煮】と言います。
大学入ってがめ煮って言っても友達に通じなくて(笑)
調べてみたら、朝鮮に出兵した兵士が当時「どぶがめ」と呼ばれていた鼈(スッポン)とあり合せのの材料を煮込んで食べたのが始まり・・・だとか。
現在は、スッポンではなく鶏肉を使うのが普通で、正月料理や精進料理として地元では欠かせない料理です。
我が家も毎年正月には大きなお鍋に作って、正月じゅう家族で食べます。

【お煮しめ】との違いは、炒めてから煮ることかなぁ・・・(あまり詳しくなくてゴメンナサイ;)カシワ(鶏肉のこと)がジューシーで、こんにゃくや里芋に良い味がついて美味しいんですよね。

さあ、私の作った【がめ煮】の味は・・・
んー、、まずまずだけどなんか足りない!
あっ!シイタケ・・・忘れた。夫の好き嫌いのせいで、存在を忘れていた。鞘エンドウがないから見た目もNG!
でも子供は、ニンジン、こんにゃく、里芋と好きなもの選んでバクバク (o^<^)o

gameni2
ホッケを焼いて、義母の作った美味しい天ぷらで、
今日のお酒も格別~♪

注;私は呑ん兵衛ではありません。
周りが呑むのでつられて呑むだけです。

| | コメント (9) | トラックバック (1)

2005/10/07

主婦のつぶやき

お天気が悪い日が続いて、最近覚えたのがコインランドリー♪
家で洗ってそのままコインランドリーの乾燥機へGO!
10分100円、2日分の洗濯物も30分も回せば完璧-☆
自然乾燥より、バスタオルもシーツもフワフワ~
子供も「あったかぁ~い♪」と言ってスリスリ(*^^*)
義母に、
「何でもお金かけりゃそりゃいいさ!」と言われても
メゲずに(笑)癖になりつつあります(^^;)

雨の日が続いた後、カラッと良いお天気♪
でも、それはそれで大変!
家じゅうの湿った布団の天日干し~
家族のと、客間の布団、ざっと合わせて10組!
必要なものはシーツを洗い、洗い替え用のカバーをかけ…
なんと大変な作業でしょう (T∇T)
昔のズシーンと重たい布団なんか、
握力なくなりそう。。。
サイズが合わなくてやり直しなんてことになったら、
「オメェ、いいかげんにしろよっ!」
と心の中で叫んでいたりして(あくまでも心の中)(笑) 
秋だというのに
汗だくになりながらの作業でした。

お仕事が大変なお父さん。
主婦って、どうでも良さげな大変重要なことと
毎日格闘しているんです。
どこにも八つ当たりできない事態にキレながら(笑)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2005/10/01

灯明の湯@南佐久郡南牧村

休みの日には心も身体もリフレッシュ!
ということで、先週に引き続き 「温泉」♪
半日という限られた時間でも、ここ信州・長野県には日帰り温泉施設が数多くあります。
以前から気になっていた 「灯明(とうみょう)の湯」
佐久から、臼田、佐久穂町、小海を抜け、南牧(みなみまき)村へ・・・
scene2
稲刈りされた田んぼの景色と、高原野菜の畑の心休まる風景です。
scene
enter
enter
落ち着いた雰囲気の館内。平日ともあって受付の方が 「今日は空いていますよ」 とにこやかに対応してくれます。(入浴 大人800円 子供600円)※インターネットで割引券あり

さっそく入浴。あれ・・・?また貸切です♪
ゆっくりお湯に浸かり、内湯、そして露天風呂へ・・・
roten
八ヶ岳の硫黄岳から流れる湯川渓谷に涌き出る温泉で、泉質は【ナトリウム・マグネシウム炭酸水素塩・塩化物温泉(中性低張性低温泉)】だそうです。
お湯は透明で、茶色っぽい粒子が見られました。神経痛、関節痛をはじめ、慢性消化器病、冷え性、さらには、慢性皮膚病やアトピーにも良いという温泉です。
露天風呂から見上げると、キレイな秋晴れの空。
sky
HPに載っている檜風呂はありませんでした。
ちょうど私が浴室を出た頃に入って来られたご婦人方は、埼玉にお住まいだそうで、信州には良く旅行に来ているそうです。

さて、お昼だし食事にしますか、ということで頂いたのは
かき揚げそばと、豚のしょうが焼き定食。
syokuji
お蕎麦はコシがあり、しょうが焼きのお肉は柔らかく美味しかったです(^^) 期間限定で麦茶やソフトドリンク無料(飲み放題)だったので、HI-C山ブドウを頂きました。期間限定がいつまでなのか、聞くの忘れてしまいました(^^;)
浴室とお食事できる広間との間。廊下からの景色もなかなかイイ感じ。
rouka
詳しくは、灯明の湯ホームページへ

長野県南佐久郡南牧村海尻字栗谷上日向中1465-1(地図)
TEL/FAX 0267-91-4111

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »