« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005/11/25

クリスマスツリー

あと1ヶ月もすればクリスマス♪
宗教を超えた今年最後の大イベントです。
merry
ということで我が家もデッキにツリーを飾りました(^^)
ん~♪クリスマスムード満点!

付属のオーナメントだけでは、毎年変わり映えがないと思って、
100円ショップで見つけてきました(^^)
ornament
「かわいーっ!」って子供でなく私が喜んでいたりして(笑) 特にこのちっちゃい帽子と手袋、かわいいでしょ?

子供たちに、「サンタさんにお手紙書いておかなきゃね」
去年は 【カレーパンマン】と【虹色のおもちゃ】でした。カレーパンマンは簡単だったっけど、“虹色…”は難しくて結構ジャスコうろうろしたっけ(笑)
今年は何かな…?一生懸命ひらがな表見て書くんだろうな。鏡文字や逆さ文字、解読できるかな。
3歳の子は、「えっ?サンタさん、きたよ。カレーパンマンもらったもん!」
去年も今年もわかんないか・・・(笑)

素敵なクリスマスになりますように・・・
We wish your Marry Christmas!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/11/23

勤労感謝の日

お仕事をしている皆さん~
いつもお疲れ様です(^^)

1948年に法律で定められた
「勤労を尊び、生産を祝い、国民が互いに感謝しあう日」
もともとは農産物の恵みを感じる日だったらしいのですが、現代では勤労の目的を再認識する日だそうです。
働いて生活を営む事ができるということは、確かに感謝ですよねv

でも、働くってことは何でも大変!
精神的に楽な仕事は肉体的に大変、肉体的に楽な仕事は精神的に大変。
バブルの全盛期を知っている私たち世代には、今の就職状況や働く条件など考えられません。たいへんな時代です。大きな会社組織で働いていても、数人の小さな会社で働いていても、大変さは変わりません。自営だって、誰に頼ることもできないし・・・大変です。
あれ? 私、「大変」って何度書きました?(笑)

ストレスって怖いんですよ。どこ調べても悪くないのに、吐き気がしたり立ちくらみしたりお腹痛かったりするんですって。家族養っていくため頑張らなきゃですが、うまくバランスを取らないといけませんね。

外で働いている人だけではない、食事を作って掃除して子供を育てている主婦だってストレスはたまります。周りの人(近所の人・子供の友達ママ・2世帯同居など)との関係や、育児の不安など・・・
主婦の一般的な仕事を給料に換算すると、月額30万はするそうですから、働いている人と同じですよね。ただ、給料が発生しないのがつらいところですが・・・(苦)

働ける環境にいることに感謝する日。そしてお互い感謝し合い喜ぶ日、であっても良いかもしれないですね。
今日はそんな大人の日ですね♪

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2005/11/20

えびす講@岩村田本町商店街

日本一長~いりんごと桃ののロールケーキをつくっちゃおう大作戦!「商店街の達人」 BS生放送で、アンジャッシュと山田邦子さんが来る!~
商店街にて久しぶりに行われたこのイベント。私も少し参加して参りました(^0^)/
stand
1,000人の待機!朝9時から「挑戦券」を持って集まった人から胸に張るシールをもらって並びます。
でもこのロールケーキ作り、始まるのは11時から。お天気は良いけど結構風が吹いていて寒い!子供たちにも厚着をさせて待機・・・。
stand
マジレンジャー?(詳しく知らない・・・)と思いきや、商店街の達人のセットマンというらしいです。
parade
そのうちにMCの方のお話が始まり、スポンジ生地が配られました。
stand
商店街のスタッフの方々は大忙し!自転車に乗って補足説明をしたり、車で運んだケーキの材料を配ったり。。。
生クリームとフルーツが配られました。衛生上、ビニール手袋をして…いよいよ開始です!
deco
結構生クリームが硬くって絞るとき子供には難しく、大人も苦心していました。5本の線を生クリームで描き、5cm幅くらいの切れ端をのせ、フルーツを手前3分の2に乗せました。

邦ちゃんの威勢の良い「商店街の達人~!」のかけ声♪
kunityan
全長205mという、日本一長~いロールケーキ作り。
何が大変だったって、みんなで合わせて巻く作業です・・・
maki
机からひょこんと顔だけ出るくらいの背の高さの我が子。大人が必死になって巻き巻き・・・ふと見ると、顔から頭にかけて生クリームだらけ!(爆) 子供は半泣き状態・・・ゴメン、ゴメン!(>_<)
なんとか完成です!スタッフの人に切ってもらって、お持ち帰り~♪

2時間ばかりのイベントでしたが、子供たちは大喜び♪
おなかも空いて、道端でバクバク食べていました(^^;)
rollcake
切って写そうと思っても、フルーツがうまく切れなくて・・・(笑) 見た目は?ですが、生クリームもスポンジケーキの味も、シロップ漬けのりんごと桃も・・・とても美味しかったです!!

nintei
認定証も頂きました(笑)
商店街の皆さん、
本当にお疲れ様でした(^0^)/
美味しいケーキをありがとうございます。

岩村田本町商店街のホームページ
商売繁盛♪
ガンバレ!佐久の商店街!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005/11/18

ボジョレー・ヌーボー解禁

昨日の話ですが・・・
wine2
大人のイベント 「ボジョレー・ヌーボー解禁」!
日付変更線により、日本は世界でも最初にこの日を迎えることができるのだとか。皆さんはどこで今年のボジョレー味わいましたか?

wine1口に含んだ瞬間だけピリッとした舌ざわり。甘さ、渋みも少なく、飲みやすい感じ♪ あまーい果実酒やカルーアミルクの好きなおばあちゃんは苦手なようでしたが、辛口ワインが好きな私には結構好みの味でした。

子供用のキティーちゃんのシャンパン。「子供のおしゃけー♪」と大喜び(^^)

shimo
昨日も今日も良いお天気♪昨日(17日)の朝は、外は真っ白に霜が降りていました。たろっちさんのブログにも“氷が張った”とありますが、車のウインドウも凍っていました。
shimo2
kori

sukiyakiこんな日は、やっぱりですね~ ちょっと甘いけど、子供&パパ好みにより【すき焼き】です。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005/11/16

アイルランド・フード講座@軽井沢

今日はあさま日和のイベント情報にも載せていた
【アイルランドフェア】 に行ってきました。
今回はアイルランドの料理レシピを紹介してくれるという「フード講座」があるとのこと。「アイルランドってどこだっけ??」と地理の弱い私でしたが、代表的な家庭料理レシピからアイルランドという国について、人々の生活など、とても勉強になりました。
ram
美味しそうでしょ?ムフッ(^-^ )
骨付きラム肉の 【アイリッシュ スチュー
オーブンで作るレシピとお鍋のレシピと、両方教えていただきました。味付けは塩コショウだけなのに、ラム肉の美味しいブイヨンが出ていて美味しかったです(^^)
オーブンで作るほうは骨付き、お鍋のほうはラム肉(もも)を使います。
chef1
アイリッシュ スチュー
≪オーブンでの作り方≫
①バターを塗ったグラタン皿に、ラム肉を並べます。
②大きめに切った玉ねぎとジャガイモを乗せ、塩コショウ。
③刻みパセリを振りかけて、ラム肉が浸るくらい水を入れます。
④アルミホイルで全体を覆い、オーブンで焼きます。
 (180~190℃ 約1時間)

≪お鍋での作り方≫
①フライパンに油をしき、ラム肉を焼き塩コショウで味付け。シチュー用のお鍋に移します。
②大きめに切った玉ねぎ、ベーコンを炒めてはお鍋に移します。
③茹でたニンジン、茹でたジャガイモを輪切りにして入れ、水を入れます。
④蓋をして火にかけ煮詰めます。

分量ガ知りたい方は、コメントくださいませ~

poason
これは魚料理がメインではなく、付け合せのほうの【コルキャノン】が主役。(もちろんお魚も表面がパリッとしてて美味しかったです♪)
ジャガイモ、ベーコン、キャベツを牛乳で煮た簡単レシピです。
牛乳に、ネギの香り付けをするのがポイント☆

①牛乳に万能ネギを入れ、火にかけます。
②皮付きのまま茹でたジャガイモをザク切りにして、沸騰した牛乳の中に入れます。
③湯通ししたベーコン、茹でたキャベツを入れ、混ぜながら汁がなくなるまで煮詰めます

これが、とっても簡単そうで美味しかったんです~
今、キャベツも安いしジャガイモだってあるし。。。これにバターをのせても美味しいそうです。(カロリー気にしない方はね・・・)

pan
ブラウン・ブレッド ソーダーブレッド

重曹(タンサン)を使います。
これは、材料書かなきゃですね。

パウンドケーキ型 (2本分)
全粒粉    300g
薄力粉    200g
塩      大さじ1/2
重曹     大さじ1
グラニュー糖 大さじ1/2
牛乳     500ml
ヴィネガー  25ml
オリーブ油  25ml
生クリーム  25ml

①牛乳の中に生クリームとヴィネガーを入れます。
②ボールに全粒粉、薄力粉ほか材料を入れ混ぜます。
③ ①を入れゴムベラで切るように混ぜ、パウンド型に入れます。
④オーブン 190℃ 40分くらい焼きます。

焼きあがったら、表面が堅くならないように水分を含ませたキッチンペーパーをかぶせて置くと良いそうです。

tea
パノッフィ パイ
ミルクキャラメルとバナナの生クリームパイ

パイ生地、ミルクキャラメル(コンデンスミルクを湯せんにかけたもの)、バナナ、生クリーム、チョコ、シナモンです。
これもブラックコーヒーと一緒にいただきました~(^0^)/

アイルランドはもともと酪農の国。【アイリッシュブレックファースト】と言われるように、朝ごはんはしっかり食べるそうです。
信州(軽井沢)との共通点は、リンゴが栽培されることやニジマスも食されるところなどがあります。今回、フード講座を通して、行ったこともないアイルランドという国に親しみを持ちました。
maedachef
今回の講座に、2ヶ月も前から準備していたという前田一(はじめ)シェフ。本格的フランス料理を作っておられますが、今日はアイルランド人になりきって登場(笑) とても楽しいトークと分かりやすい説明で、有意義な時間でした。ありがとうございました。
karuizawa
軽井沢もそろそろ紅葉は終わりですね。
asama
浅間山。もう3回以上雪が降っていますね・・・

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005/11/14

肋骨が・・・!

3日ほど前、朝起きた時から肋骨(あばらぼね)が痛い。
深呼吸したり、背筋を伸ばしたり、身体をねじると 「うっ!」
くしゃみなんかしようもんなら、激痛が走る。
困った・・・。とりあえず整形外科に電話したら、待ち時間1時間と言われあきらめてしまった。
「肋骨にしびが入ってるじゃねぇか」と周りに言われているが、そんな簡単にヒビが入るもの!? ただ寝てただけなのに?
※佐久の方言では「ひ」が「し」となる 「ひろい」は「しろい」 「ひろし」さんは「しろし」さん!
妊婦の時の腹帯をぴっぱり出してきて巻いてみるが、気休めにしかなっていない気がしてやめちゃいました(^^;)

誰より心配してくれるのは子供たち。
「ママ、だいじょうぶ?」
「ママ、たいへんだから(だっこしなくて)だいじょうぶ。」
痛がっていると、ママの肋骨をなでなで・・・
ありがとね。

子育てしていると、自分の勝手さや醜さが見えてくる。
頭で解ってはいてもイライラして気持ちが収まらず、悪くないのに子供にあたってしまったり。すごく自分が人間的に未熟で、身勝手極まりない母親だと落ち込む。
でもそんな母親でも、子供はママが好きだという。
「ママ、・・・しててごめんね。」 一緒に布団に入って子供から謝まられて、ハッとさせられた。
「ううん、ごめんね。ママが悪かったね。○○は悪いことしてないよ。イライラして怒ってごめんね・・・」 そう言って頭を撫でながら涙があふれた。

浮き彫りにされた自分の未熟さ、拙さ、醜さを、
認知して、越えていこうと努力することができるのは
子供のためなんかじゃない。
子供の手助けのおかげなんですね。
「親」にならされていく=人間としても成長させられていく
未熟な人間だからこそ、子供によって成長させられるんですね。

そんなこと言ってても、嫌なことは、イヤ!
いつか寛大になれるのかなぁ。。。

あれっ? 肋骨のこと書いてたのに、なんか違っちゃった?

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005/11/11

気ままなドライブ♪

朝から快晴!ということで、思いつきのお出かけ。
こんなことだけは、思いついたら即行動(笑)
今日の浅間山。(あ、厳密には昨日だ!)
雪はこの前の1回しか降っていませんが、
里のほうも随分寒くなってきました。
asama
前日の下調べの末、行き先設定は 「駒ヶ根高原」。
伊那や飯田方面には足を伸ばしたことがなく、とても気になっているのです。山のほうは紅葉の時期は終わっているけれど、飯田市の昼神温泉郷あたりいいかなぁーと・・・
天竜峡や木曽・中山道妻籠宿など魅力的~♪
行き当たりばったりだけど、一応お泊りグッズも準備して、荷物と一緒に半分ズル休みさせた子供たちも詰めて(笑) Let's Go!!

いざ日帰りが無理だったら・・・ということも考えて旅館リストのメモを握りしめ、ドライヤーまで荷物に入れて張り切って出かけたのに、子連れというのは思ったように事が運ばない。ナビでは諏訪湖畔は通らないで伊那のほうに案内が出ていたのにもかかわらず、先日行った足湯の話をうっかりしたもんだから、子供たちがそこに行きたいと騒ぎ出してしまいました(^^;)
ま、先は急がないし・・・寄っていくか~、ということで 先月に続き【諏訪湖畔公園】へ。
suwako1
park1
park2
park3
真っ黄色のイチョウ、赤いモミジなど、紅葉も見頃でとてもキレイでした。
road1
老夫婦が仲良く手をつないで歩いていた 「遊歩道」も、ノンビリほのぼの、いい感じでした。

子供たち初体験の 「足湯」。源泉から遠い、少しぬるめのほうへ。
あれっ? 何か浮いてる!
karin
カリンがたくさん浮いていました。保温効果か保湿効果でもあるのかしら・・・
足の不自由なお年寄りの方が、ご家族に連れられて気持ち良さそうに足湯に浸かっておられる姿も印象的でした。
suzume
イチョウの葉っぱを集めたり、芝生に転がったりして大はしゃぎする子供たちを見つめながら、のんびり心地良い時間・・・
kouen
しかし、今日の目的地はここではないのです!
子供を急かして車に乗ろうとしても、「あっ!すべりだいがある~!」と言ってプチ公園で散々遊び、挙句の果てに「ねーねー!あのハクチョウさんにのりたーい!」 ・・・
swan
小学生以下無料だし、人は少ないし、ちょうどあと20分もすれば遊覧船が出る時間だし・・・ということで、乗ってきました、ハクチョウさん(^^;)
白鳥は「スワン」、もう1つの遊覧船は・・・
kame
「竜宮丸」という名前のカメでした(笑)
八ヶ岳や南アルプスなどを眺めつつ、諏訪湖の散歩♪白鳥やカモも見ることができます。(所要時間 約30分)
ちょうど間欠泉が吹き上がっていました。
kankessen
なんだかたくさんの人が見物しているのが見えますね。
monument
諏訪湖に寄ったときに予想はしていましたが、遊覧船に乗ると決めた時に目的地は諦めました・・・。
楽しみにしてたんだけどな・・・紅葉って今しか見れないのにな・・・
と、諦めきれない思いのまま帰路に。更に、“半分ズル休みさせた”という下の子が風邪っぽいので温泉も無理そう・・・。下諏訪・上諏訪温泉、すずらんの湯、河童の湯・・・数多くの温泉を通り過ぎるなか、「足湯入ったもん。」と自分に言い聞かせ・・・
子連れドライブは、まったく思ったようにいきません(泣)
いつかリベンジ!!

※クリスマスバージョンにしました。画像は「季節の窓」さんよりお借りしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/08

秋の果物♪

ここ信州佐久は、りんご・桃・プルーンなどが美味しいところです。
我が家の庭や畑は、ぶどうが終わりキウイや柿が実りを迎えています。
kiwi1
kiwi2
キウイの栽培は、ちょっと大変そうでした。
“…そう”というのは、義父母が作るのを邪魔しているだけの私たち親子です(笑) 2年くらい前に栽培を始めたのですが、最初は木にもオス・メスがあってそれを揃え、受粉しやすい位置に植えました。しかし、その年は花が咲く時期がオス・メスタイミングが合わず受粉しませんでした。次の年は、人間の手によって受粉させようやく実がつきましたが・・・結構大変ですよね。
kiwi3
ジャガイモ・・・ではありません(笑) まだ硬いのですが、なぜか義母は収穫しちゃいます。食べれません・・・
柿。なかには甘そうに見えても、渋~~いハズレも・・・
kaki
sarunashi2
sarunashi
これ、何かご存知ですか?
「サルナシ(猿梨)」といってキウイに似た甘酸っぱくて上品な味です。柔らかくなったら、チュッと中身を吸って食べます(^^)

実りの秋ですな~♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/11/07

トラベルバトン ~その3~

長々と続いている、旅の思い出。。。
あともう少しお付き合いください(笑)

さて、私が合計滞在期間 約2年のニューカレドニア生活のなかで、とても貴重な体験をしたのが 【ウベア島】視察です。
ニューカレドニアはヌメアのある本島のほか、リフ島、マレ島、ウベア島があります。ウベア島は昔、【天国に一番近い島】の撮影がされたアンタッチャブルな島です。船で約8時間くらいかかって行ったのですが、あまりに揺れて痩せるくらい船酔いしたので(笑)、帰りは飛行機(約30分)にしました。小さなバスのような飛行機で、無事に着くか不安でしたけど・・・
lamare2
とにかく、この海の美しさは絶句!
真っっ白のビーチにこの上なく透き通った海・・・。服のまま思わず海に飛び込んでしまいました(^^) 足の先までも海の底までもどこまでも見える海。

人びとは、1日1回しか通らないバスをのんびりと待ち、男たちはその日食べる魚を釣りに海へ出て、女の人はココナッツなどの葉っぱでお土産用のバッグや帽子を編んで生活しています。
時間の観念なんて、全くありません(笑)
【天国に一番近い・・・】とは良く言ったものだと思います。
amichrch
美しい島ですが、まだまだ日本人が踏み入れたことがない島です。飛行機でオプチョナルツアーとしてちょこっと来て帰る観光人はいますが、村に足を踏み入れた日本人は私たちが初めてだったと思います。
まず村に入っていくには、その村その村の村長さんに挨拶に行かなければなりません。パレオという布に当時500CFP(500円くらい)コインと葉巻タバコを包み、村長に会いに行きます。片言で話をして、受け入れられれば特別な日にしか食べないというブタやニワトリを使った料理でもてなしてくれます。
(前の日見ていた子豚が、次の朝いなくなってたりして・・・)
villa
villa2
memorial
しかしまだ太平洋戦争で負った人々の心の傷跡は深く、話のなかで「日本も被害者だ、われわれと同じだ」と熱く語ってくださいました。ここはフランス領、独立問題も深刻です。cou[クー](首)と呼ばれる曲がり道があるのですが、以前(…だと信じます)白人が来ればそこで首狩りをしたという・・・“黄色”で良かったと、背筋がゾッとしたのを覚えています。
人々の生活は、決して良くはありません。「トイレは?」と聞くと、藪の中を指差します(笑)あったとしても、穴が掘ってあるだけで、ドアもなく布がヒラヒラ・・・
台所は大きな盥が2つあって、洗ってすすぐくらいです。
kitchin
いくつかの村に合計1週間滞在し、たくさんの話を聞きました。行くところ行くところ温かい方ばかりでした。
hotel2
これは一応【ホテル】です(笑) バンガローとでも言うのでしょうか。
ヤシの木にいるココクラブと呼ばれるカニを頂きました。少し泥臭いですが、カニはカニでした(笑)
crabいろいろ勉強になった視察でした。女2人で行ったのですが、ヌメアで現地の人に「良く無事で帰ってこれたわね」なんて言われたりして(^^;) 実際、ヒッチハイクをしていたら、頼んだ行き先とは違うところに連れて行かれて隙をみて逃げ出した経験もしました。身の安全は自分で守らなければいけません。

隣の国の、バヌアツ共和国にも行きましたが、こちらは独立して貧しくなったそうです。英語が少し通じるので楽でした。
vanuatsu

さて、ズラズラと書いてきましたが、そろそろまとめましょう。
九州男児の父に「二度と家の敷居をまたぐな!」と勘当されてまで出て行ったわけですが、親には本当に感謝しています。これらの私の経験は、きっと一生の財産だと自負しています。

3.これから行ってみたい国内旅行先
やっぱり、日本人! 最南端と最北端は行ってみたいですよね。

4.これから行ってみたい海外旅行先
憧れはヨーロッパ。スイスやイタリア、オーストリアなどいいかなぁ~
子供が大きくならなきゃね。
まずはグアムくらい行ってみたいです。

5.次にバトンを渡す5人
もかはらーさん
お待たせしました!プーケットの思い出・・・もう書いてらっしゃいますね♪すみません、遅くなって。。。
まちゃさん
グルメ日記ですが、いいでしょうか? 最近、昔、何でも構いませんよ~
たろっちさん
お身体の具合はいかがでしょう? 楽しい思い出、聞かせてください♪
あじっこさん
新婚旅行はどこでしたか?ディズニーランドもいいですよね?
おやまめさん
何でも手作り上手なおやまめさん。楽しみにしています。

ではでは、よろしくお願い致します。 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/11/03

トラベルバトン ~その2~

sidneyニューカレドニアに渡るにあたって、オセアニア支部のあるシドニー(オーストラリア)に寄ってビザがおりるまでサイトシーイング♪スリーシスターズやオペラハウス、コアラやカンガルーとも会ってきました。
sidneyバーウッドという町に滞在し、観光したり時には図書館で勉強したり・・・sidney
koara

numea2
そしてニューカレドニアの中心、ヌメアへ。白人フランス人と現地のメラネシアン・ポリネシアン、そしてシノア(中国人)やベトナミアンが入り混じる常夏の島。ヌメアには、観光のためのホテルやお店などが建ち並びます。もちろん、海がきれい!
lamare
日本料理も一応ありますし、中国料理やアジアン料理も多いので、意外に美味しいものが食べられます。私たちはほとんど自炊ですが、ランチはだいたいフランスパンにサラダなどをはさんだバケットを買って公園で食べたりしていました。とにかくフランスパンが美味しい!毎朝7時に焼きあがるフランスパンを近くのマルシェ(お店)に散歩がてら買いに行くのが日課でした。週に1度はヌメアの市場で野菜と魚の買出し。南の島の魚は、どれも派手な色彩で、グロテスクでした(笑)
marche

seto
アメデ灯台、という観光地がありますが、そこに「瀬戸の花嫁」を歌ってくれるオジサンがいました。海がきれいでグラスボートで熱帯魚をたくさん見ました。

japanese
遊んでばかりでもないんです。日本から送ってもらったシーツや靴を持って施設を訪れたり、友好親善のためカンファレンスの準備に忙しかったです。
時間があるときは、日本語教室や折り紙教室を開催しました。折り紙教室は子供向けに募集したのですが、集まってくるのは意外に大人ばかり。20歳くらいの男性も多かったです。ここで初めて知ったことは、折り紙という日本の伝統的な遊びは、私たち日本人は当たり前に折っているけど、南の島の人にとっては半分にしっかり折ることさえ難しいんです。「プリエ アン ドゥー」と角と角をあわせ折って見せても、ボワンと浮き上がってしまうのです(笑) 彼らにとって、“正方形の紙から何でも作れちゃうマジック”らしく、とても喜ばれたものです。鶴なんて高度で高度で・・・ハイレベルの人しか作れませんでしたよ(^^;)
anfanヌメアから30分ほど離れた町に住んでいました。庭にはマンゴーやライチの木があって、ながーい棒にペットボトルの底を取り付けて作った【マンゴーキャッチャー】で、毎朝採って食べます。1本だけアップルマンゴーの木があって、これがむちゃくちゃ美味しかった~♪あまりに食べ過ぎてか(?)マンゴーアレルギーにかかってしまったほど(^^;)
friend南の島の人は、温厚で優しい。約束は・・・守れません。悪気はありませんが、時間というものの観念が弱いというか、日にちでさえ忘れてしまいますから(笑)
先のことなんか考えません。お金が手に入って、家を建て始めたはいいが、お金がなくなったのでそのまま放置・・・なんてことも珍しくありませんから。
busバスの運転手さんとも仲良し。バス停近くなると寝てたら起こしてくれるし、他にお客さんがいなければ家の前まで送ってくれるし(笑) 「ラジオのボリュームあげて~」などとお客さんからの声も頻繁にあったりして、アットホームな感じでした。
次は、未開の島・ウベア島視察の記事に続きます。。。
numea1

| | コメント (3) | トラックバック (0)

トラベルバトン ~その1~

いいかげんにチェルシーさんから受け取った【トラベルバトン】を回さないと・・・ということで、私の旅の思い出を書いていきます。

1.今まで一番よかった国内旅行先
そうだな~、北海道も沖縄も行ったことない私。遠いところといえば、実家九州に里帰りするくらいだし(笑)
そうそう、一生の思い出の新婚旅行も、里帰りを兼ねての九州旅行でした(^^;)
はじめに大阪南港からフェリーに乗って、宮崎の日南海岸へ。青島の“鬼の洗濯岩”を眺めながら、異国情緒に浸っていると、バケツの水をひっくり返したような物すごいスコールに遭ったり・・・。フラワーパークで色とりどりの花と写真を撮り、思い出のウェルカムボードを作ったっけ。
そして、霧島で1泊。次の日は阿蘇山。ガスの影響で頂上付近までは行けませんでしたが、すごい硫黄の匂いがしたのを覚えています。途中道に迷って、夫が車から降りて地元の人に聞きに行ったのですが、方言が分からなくって苦笑いしながら「ぜんぜんわからん。」と戻ってきました(笑)
雲仙普賢岳にフェリーで渡るとき、かもめが船についてきてかっぱえびせんを餌付けして楽しみました。まだ生々しい噴火の爪痕は、過疎化していく島の寂しさを浮き彫りにしているかのようでした。また、ガソリン代が妙に高かったのを覚えています。
p1_ph03
何よりの思い出は【長崎ハウステンボス】。4月初旬の九州の気候は最高!私の大好きなチューリップに包まれてシアワセ気分を満喫(*^^*) 夜まで遊んで、次の日の朝も行きましたからね。
また、いつか必ず行きたいです。絶対“春”がいいです。

2.今までで一番よかった海外旅行先
遊びに行った海外といえば、バブル当時に社員旅行で行ったハワイと国内より安かった韓国ソウルくらい。
でも、海外に行った思い出といえば、海外ボランティアで行った南太平洋の島ニューカレドニアでしょう。
海外ボランティアに行こうと思ったきっかけは、何のことはなく“誘われたから”。私が25歳のときでした。
3年勤めた会社を辞め、何か独身のうちにやっておきたいことを探していましたからね。昔から渡航願望は強く、航空会社の就職試験も受けに行ったくらいでしたから。当時の営業のバイト先の知り合いから、国内の活動を誘われていましたが、どうせやるなら海外!と応募。渡航費・生活費すべて実費での活動なので、まずはバイト生活・・・事務から営業、試験官や英会話の先生、劇団に入って人形劇やMCの勉強まで・・・ありとあらゆるバイトを経験しました。浅く広くが私のモットーですから(笑)
担当の国を決めるのは、とても簡単に決められました。面接で、英語が少し話せるのでフランス語だってすぐ覚えられるでしょう・・・だって(笑) そこでオセアニア担当、フランス領のニューカレドニアに行くことになったわけです。
当時80万握って出かけましたね。そして半年でお金なくなって帰国して、また半年で日本で稼いで40万持ってまた行って・・・それを4~5年続けました。季節が日本と反対なので、時には夏を3回過ごすことも・・・
医者や看護婦ではないので、私の担当は「友好・親善」。浴衣を着てカンファレンスに参加したり、巻き寿司や日本料理のデモンストレーション、日本語教室や折り紙教室、文化交流に勤しみました。隣の国のバヌアツ共和国に行ったときは、初代ソコマヌ大統領のご自宅にも招かれたりした記憶があります。とにかく、日本人の受けは良く、とても優しくしていただきました。

少し休憩。。。まだまだ写真も続きます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/11/01

復帰ですっ!

1週間以上のご無沙汰です。
最初は夫がゴホゴホ、そのうち私も声が枯れ、
そのうち下の子が熱を出し、そして上の子はプール熱に。。。
プールを習い始めて3回目にして、しっかりウイルスをもらってきました(笑)
アデノウイルスとかで、1週間高熱が出ます。私はそのウイルスではありませんでしたが、38度台をキープし続け、記録的な闘病生活となったわけです。

さて、暦も変わりました。11月です。
明日のラジオ放送は、やっぱり紅葉かなぁ。
「あさま日和」を開設して、今月は2周年を迎えます。
ちょっと私、やる気マンマン(^^)なんです。
皆さんのかゆい所に手が届くような、便利で楽しいこと、
がんばっちゃいますよ~(^0^)/

何より健康が一番だと、思い知らされました。
健康に良いこと、何か始めませんか?

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »