« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010/03/17

ラ・セゾン@佐久市

贈り物にいただいた「ラ・セゾン」のラスクheart04
Dscf3696

安心で美味しいと評判のラ・セゾンでは、ケーキやチョコレートを中心にマカロンなどの焼き菓子なども販売しています。喫茶コーナーも併設されていますので、美味しいスウィーツと温かい飲み物などもいただけます。

Dscf3699
私がよくやる失敗例。
デジカメでフツーに撮ったら、こんな風に後ろの背景にピントが合ってしまいます。こういうときは“接写モード”で撮りますcoldsweats01
Dscf3700

このアーモンドラスクとチョコラスク、むちゃくちゃ美味しかったですsign03
なになに・・・【スイスのカルマミルクチョコ】heart04美味しいわけです。
ケーキ類はあまり利用したことがなかったのですが、この贈り物を機会にぜひ訪れてみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/03

ひな祭り雑学

またまたラジオ放送の日に慌てて記事書いています(^^;)

「今日はたのしいひなまつり♪」
そして次女のお誕生日でもあります。
ラジオネタも兼ねて、ひなまつりについてちょっと調べてみました。

昔ひな祭りは女の子のお祭りだったわけではなく、3月上旬の巳の日という意味の「上巳節(じょうみせつ)(じょうしせつ)」で、季節の変わり目は災いをもたらす邪気が入りやすいと考えられていたため、この日に水辺で邪気をはらう習慣があったそうです。その流れで人形(ひとがた)で自分の体をなでて穢(けが)れを移し、川や海へ流すようになりました。一部の地域でみられる「流し雛」は、この名残です。
そのうち人形作りの技術が発展して、流す人形から飾る人形に変化し「ひな人形」となってきたようです。

ひな人形は宮中の様子を表していて、主に婚礼を意味しています。
日本古来の並べ方は、左上位の考え方により向かって右に男びな、左に女びな(人形側から見ると、左上位で左に男びな)でしたが、昭和天皇が国際マナーにそくして右上位に並ぶようになってからは、向かって左に男びな、右に女びなを並べるようになりました。今でも伝統を重んじる京都などでは、日本古来の並べ方だそうです。

お酒の盃とかを持ってお内裏様に仕える「三人官女」、笛や太鼓でお囃子を演奏する「五人囃子」、お内裏様の警護をする右大臣・左大臣の「随身(ずいしん)」、雑用係の「仕丁(じちょう)」。みんなそれぞれに表情があって面白いです。京都御所に植えられている桜は「左近の桜」と呼ばれ、向かって右に置くみたいですよ。ちょっと覚えておくと便利です。

ひな祭りのお祝いには、定番の行事食がありますよね。
我が家も必ず毎年ちらし寿司とハマグリのお吸い物、菱餅、ひなあられなど準備しますが、これもひとつひとつ意味があるようです。
菱餅の色。緑、白、桃色(ピンク)ですよね。重ね方は2通りあって、下から緑→白→桃色か、白→緑→桃色。
“雪(白)の下(中)から新芽(緑)が芽吹き、桃の花(ピンク)が咲いている”という、春の情景を現したものです。
ちらし寿司にも白いご飯の上にピンクや緑で飾りますよね。ここに黄色(菜の花をイメージした錦糸卵)を加えて更に華やかになります。我が家はこの甘めの錦糸卵(卵焼きの細切り)が大好きで、ちらし寿司には欠かせません。

ひなあられや甘酒などもいろいろ由来があるようですが、私が一つなるほどなぁ~、と思ったのが「ハマグリ」。
ハマグリはおつゆがとても美味しくなるので、お吸い物にピッタリですよね。二枚貝は、対の貝殻しか絶対に合わないことから、相性の良い結婚相手と結ばれて仲睦まじく過ごせるようにということらしいです。娘の将来の幸せを願って作ってあげたいですよね。

「ひな人形を早くしまわないと、嫁に行きおくれる」と言いませんか?
この迷信にはこんな由来があるそうです。

ひな人形には、我が子の厄や災いを引き受ける役目があると言われ、厄を移したひな人形をいつまでも身近に置いておくと幸せな結婚もできないと考えられているからです。早く片付けて災いを遠ざけたほうが良いということでしょう。
また、ひな人形はまさに「婚礼」。娘の結婚ということで早く飾り出すと“早く嫁に出す”、早くしまうほど“早く片付く(嫁に行く)”ということで、早くおひなさまのような幸せな結婚ができるようにと願う親心からでしょう。
忙しくてどうしてもすぐにしまえない時の裏ワザとして、内裏びなを後ろ向きに飾り、「お帰りになった」「眠っていらっしゃる」と解釈させてしまうこともできるとか(!?)

いつの時代も、子を思う親心は変わらないということですhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/01

3月になりました。

ここ数日、春になったのではないかというくらいに
暖かくて過ごしやすい半面、2月末のこの真冬に
地球はどうしちゃったんだろうと気味が悪い感じも
ありました。

“三寒四温”と言われていますが、こうして少しずつ
冬ともお別れです。

三月はセレモニーがたくさんあります。
入試、卒業、終業式・・・
そんな節目の月に、我が家はお誕生日や記念日が
重なります。

またまた忙しない月になりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »